Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざましテレビ』で新曲撮影ウラ話! 「カメラ向けたら好き勝手する」メンバーとは……?

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざましテレビ』で新曲撮影ウラ話! 「カメラ向けたら好き勝手する」メンバーとは……?の画像1
毎週写真撮らなきゃいけないから大変ね

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が木曜レギュラーを務める情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)が5月6日に放送された。この日の「いのおピクチャー」では、メンバーの山田涼介&有岡大貴とのスリーショットを公開した。 

 今月12日発売のシングル「ネガティブファイター」のジャケット写真撮影時に撮られた1枚だそうで、3人とも衣装を着用。センターにいる伊野尾の後ろで、山田と有岡は左手を前に伸ばし、右手は上に上げるという不思議なポーズをしていたため、「なんかポーズ決まってますけど、これは2人に任せてるんですか?」と 軽部真一アナウンサーは不思議なよう。伊野尾いわく、「カメラ向けたら好き勝手ポーズしてくれるんで」とのことで、新曲ジャケット撮影の裏側の様子を明かしていた。
 
 その後放送された「イノ調」では、緊急事態宣言で休館を余儀なくされている美術館の展示を特別に取材。コーナー冒頭、「今回は、美術の世界にみなさんを誘います」と意気込み、「“アーット”驚く作品いっぱいですよ、アートだけにね」とギャグを飛ばしたものの、伊野尾のギャグにスタッフは失笑だった。

 そんな中、東京・新宿にあるSOMPO美術館を訪れた伊野尾は、現在休止中の「モンドリアン展」を鑑賞。さらに、現在休館中のBunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)で行われている「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」も訪れ、展示の魅力を調査することに。

 “自撮りカメラ”を持ちつつ、会場を見て回っていた伊野尾だが、展示物を見るたびに声を上げて驚き、特に約3000年前のツタンカーメン王の倚像(椅子に腰をかけた姿の仏像)には「すごいな! こんなにキレイに残ってるんだね!」と大興奮。

 さらに、日本初公開となる複数の棺の立体展示や、世界初公開の“ミイラのCTスキャン映像”も鑑賞し、最後には「今、本当にみなさん我慢している時期だからこそ、少しでも『イノ調』を見て、行った気持ちになってくれたらうれしいです」と、視聴者にメッセージを送っていた。 

 放送後、ネット上にはファンから「何も言わなくてもポーズしてくれる山田くんと有岡くんがかわいい!」「『古代エジプト展』行こうと思ってたんだよね。『イノ調』で少しでも行った気分が味わえてうれしい」「展示を見て楽しそうにしてた伊野尾くん、めちゃくちゃ少年でかわいかった〜」などの声が寄せられた。

Hey!Say!JUMP – サイゾーウーマン