SixTONES&Snow Man、GD大賞「シングル・オブ・ザ・イヤー」受賞

 SixTONESとSnow Manが15日、「第35回日本ゴールドディスク大賞」でデビューシングル『ImitationRain/D.D.』『D.D./Imitation Rain』が「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 今回の「シングル・オブ・ザ・イヤー」はSixTONESとSnow Manの同時デビューシングル『ImitationRain/D.D.』『D.D./Imitation Rain』が受賞。同曲は「ベスト5シングル」を受賞したほか、SnowManは2nd シングル『KISSIN’ MY LIPS/Stories』が「ベスト5シングル」を受賞した。

 「第35回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストは、69作品・アーティストとなり、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、嵐が2年連続7度目の受賞、洋楽部門はクイーンが3年連続4度目の受賞となった。「ベスト・エイジアン・アーティスト」は、BTSが3年連続の受賞に加え、「アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)」、「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)」など計8冠の受賞となった。

 また、今回より市場トレンドを反映するべく、ストリーミング売上をアーティスト賞への集計対象に加算。さらに再生回数上位に授与される「ストリーミング賞」を新設した。

 対象期間に配信開始された楽曲のうち最もストリーミング再生回数の多かった作品に授与される「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」では、Official 髭男dism「I LOVE…」、The Chainsmokers「Closer (Tokyo Remix)(feat. 新田真剣佑)」、BTS「Dynamite」が記念すべき初受賞作品となった。

SixTONESコメント

 大変な世の中でありながらも、僕たちのCD を手に取って聴いて頂いたファンの皆様のおかげです。本当にありがとうございます!

 戦友でもあり、兄貴的存在として色々と学ばせてくれた先輩でもあるSnow Man と一緒にCD デビューできた事は、僕たちSixTONES にとっても一生の誇りです。

 そしてデビュー曲「Imitation Rain」を作ってくださったX JAPAN のYOSHIKI さんにも感謝です。「Imitation Rain」は僕たちにとっての宝物であり、人生の最後まで歌い続ける楽曲になると思います!今後も変わらず全力で音楽を届けられるよう、頑張っていきます!(SixTONES・ジェシー)

Snow Manコメント

 僕達の第一歩目であるデビュー曲「D.D. / Imitation Rain」で光栄な賞をいただけたのは、支えてくださり、いつも応援してくださっている沢山のファンの皆様のお陰です。同時デビューさせていただいたSixTONES とこれからも切磋琢磨しながら、日本のみならず海外の皆様にも楽しんでいただけるパフォーマンスを提供していきたいと思っております。(Snow Man)

SixTONES – MusicVoice(ミュージックヴォイス)